PR

 バンダイビジュアルとサンライズは2009年8月21日,ガンダムシリーズの最新OVAである「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」を,「クロスオーバー・コンテンツ作品」としてイベント上映や映像パッケージのリリース,動画配信を全世界同時期に展開すると発表した。OVAとは,オリジナル・ビデオ・アニメーションの略で,テレビ放送や劇場公開を目的とせず,ディスクなどでのリリースを目的とするアニメーション作品のことである。

 計画では,ガンダムシリーズの中核作品という位置づけで「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」を2010年春からイベント上映,映像パッケージ販売,配信を世界で同時期に行う。様々な視聴形態で,世界展開していくクロスオーバー・コンテンツ作品として提供する。Blu-rayディスク(BD)とDVDの発売をバンダイビジュアルが担当する。BDやインターネットなどを利用した配信では,英語など多言語に対応し,全世界に展開する。

 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)は,作家の福井晴敏氏による人気小説という。2006年から角川書店「月刊 ガンダムエース」で連載を開始し,2009年8月には9,10巻を発売する。現在発売中の1巻~8巻の発行部数は180万部を超える。その舞台は,1988年に公開された劇場版「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」の3年後で,「宇宙世紀」の新たな流れを描いている。サンライズがアニメ化する。1話50分で全6話構成のOVAとして2010年春より展開していく。

[発表資料へ]
[関連記事へ]