PR

 米Microsoftは米国時間2009年8月24日,携帯電話機向けのアプリケーション実行基盤ソフトウエア「Microsoft OneApp」を発表した。主に新興国で多く使われている,スマートフォンより性能の劣る携帯電話機で各種モバイル・アプリケーションを利用できるようにする。まず南アフリカのBlue Label Telecomsを通じてリリースし,その後世界各地のパートナ企業と協力して提供していく。

 OneAppは,搭載メモリーがやや少なく,プロセサの処理能力が比較的低い携帯電話機で,「Facebook」や「Twitter」「Windows Live Messenger」といったモバイル・アプリケーションを使うためのソフトウエア。ユーザーはOneAppを起動し,そこからそれぞれのアプリケーションを利用する。メモリー使用量は,OneAppが150Kバイト,各アプリケーションが30Kバイト程度で済むという。演算やストレージといった一部機能をクラウド・サービスで実現し,携帯電話機の処理負荷を下げることで,パフォーマンスを向上させる。データ通信量を減らし,通信料金を抑えるようにした。

 OneApp用アプリケーションは,JavaScriptやXMLで作れる。2009年中にソフトウエア開発キット(SDK)の提供を開始する予定。

 Blue Label Telecomsは,OneAppベースのソフトウエア「mibli」を無償提供する。当初,10数種類のモバイル・アプリケーションを用意し,順次拡充していく。

[発表資料(その1)]
[発表資料(その2)]