PR

 動画投稿共有サイトを運営するピーヴィー(東京都渋谷区)と楽天は2009年9月7日、「楽天動画チャンネル」に投稿されたアフィリエイト動画の成果報酬を、動画制作・投稿者と掲載者で分け合う仕組み「ウィンウィン(Win-Win)リンク」を導入したと発表した。アフィリエイト動画の利用を広げ、アフィリエイト経由の売り上げ拡大を狙う。

 楽天動画チャンネルは「楽天アフィリエイト」と連動しており、一般個人が制作・投稿した商品紹介の動画を経由して楽天市場のEC(電子商取引)サイトで商品購入された場合に、投稿者が成果報酬を受け取れるサービス。

 今回、投稿者がウィンウィンリンクを許可した場合は、自身のブログなどにその動画を掲載した人にも成果報酬が払われるようになる。報酬の受取人は、動画を掲載したブログページが閲覧されるたびに投稿者、掲載者と順番に切り替わり、購入されたときの受取人に払われる。ECサイト側に追加の支払いは発生しない。

 楽天動画チャンネルは2009年4月にサービスを開始。これまで約2000本のアフィリエイト動画が投稿されているという。アフィリエイト動画は、「CTR(クリック率)やCVR(コンバージョン率)がバナーより5倍以上高い」(ピーヴィー広報)ため、掲載者にも成果報酬を払うことでより閲覧機会を増やし、成果の拡大につなげたい考え。

■関連情報
「楽天動画チャンネル」のWebサイト http://douga.rakuten.ne.jp/

■変更履歴
記事掲載当初、サービスの発表日に謝りがありました。お詫びして訂正します。本文は修正済みです [2009/09/07 17:10]