PR

 イー・アクセスは2009年9月8日,提携プロバイダー向けにホール・セール提供する「ADSL50Mプラン」に,利用者が2年間利用することを前提に月々の利用料金を割り引く「ADSL2年定期契約」を導入し,同日から提供すると発表した。

 「ADSL2年定期契約」は,イー・アクセスが提供する50Mサービス(下り最大50Mb/s,上り最大5Mb/s)を,2年間の継続利用を前提に月額基本料金を通常より割り引くプランである。

 このホール・セールを利用して,ニフティがADSL(非対称デジタル加入者線)接続サービス「イー・アクセス 2年割 50Mコース」の販売を同日に開始した。NTT東日本エリアでタイプ1(電話回線共用タイプ)の場合,割り引きのないADSL接続サービス「イー・アクセス 50Mコース」が月額3150円なのに対し,2年割のコースは月額2770円で提供する。

 今後,ニフティ以外の提携プロバイダーも順次「ADSL2年定期契約」サービスを開始する予定だという。また,イー・アクセスは「ADSL2年定期契約」と併せてモバイル・データ通信ネットワーク・サービスを2年間利用することを前提にしたセット割り引きサービスを,提携プロバイダー向けに今秋提供する予定である。

[イー・アクセスの発表資料へ]

[ニフティの発表資料へ]