PR

 ネットワンシステムズなど9社は2009年9月10日、クラウドコンピューティングの各種サービスの相互連携を図るための団体「クラウド・ビジネス・アライアンス」を11月上旬に発足すると発表した。各種サービスを連携させるための共通API(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)の策定やオープンソース化などを推進する。

 同団体は、SaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)、PaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)、IaaS(インフラストラクチャ・アズ・ア・サービス)といった具合に階層化された各種のクラウドサービスを、相互に連携させることを目的とする。例えば、SaaSの事業者が自社のソフトウエア・サービスを運用するプラットフォームとして、複数のPaaS事業者が提供するサービスを組み合わせて利用するといったことを可能にする。SaaS事業者がPaaSのサービスを外部から利用するためのAPIの仕様などをクラウド・ビジネス・アライアンスが策定し、検証する。

 事務局運営や運営資金などを負担するネットワン以外に、SaaS関連事業者としてはエイムラック、オロ、コネクティ、スマイルワークス、ソリトンシステムズ、イーダブリュエムジャパン、ビープラッツ、PaaS関連事業者としてはエクシードが参加を表明している。11月上旬の団体発足時には、合計で13社が参加する見込み。

 PaaSやIaaS関連の事業者として参加しているのは、ネットワンとエクシードの2社のみである。エクシードは、ネットワンが販売する米3Teraの仮想マシン管理ソフト「AppLogic(管理対象の仮想マシンはXen)」を使って、仮想マシンサービスを提供しているデータセンター事業者である。そのため当初は、相互運用を検証するのはAppLogicを使うプラットフォームが中心となるが「米ヴイエムウェアや米シトリックス・システムズの仮想マシン管理ソフトなどを使用するプラットフォームサービスとの連携も、将来的には考えていきたい」(ネットワンの澤田脩会長)としている。