PR

 米Googleは米国時間2009年9月23日,任意のWebページにコメントを書き込める機能「Google Sidewiki」の提供を開始した。Webページを閲覧する際,ほかの人の意見を参考にしたり補足情報を付加したりすることに使える。現在Firefox/Internet Explorer(IE)用のツールバー「Google Toolbar」で利用可能。「Google Chrome」などのほかの環境にも対応させる計画。

 Google ToolbarのSidewikiアイコンをクリックすると,閲覧しているWebページの横にコメント入力/表示用の画面が現れる。書き込まれたコメントは,Webページの内容と関連性が高く役立つものほど上位に表示する。

 Googleは,Sidewikiから各種データを取得するためのAPI「Google Sidewiki Data API」も公開した。同APIを利用すると,特定Webページに対するコメントと特定ユーザーの書き込んだコメントを取得できる。

[Google公式ブログへの投稿記事]