PR
写真1●「Baiduモバイル検索サービス」β版のトップ画面
写真1●「Baiduモバイル検索サービス」β版のトップ画面
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●バイドゥの井上俊一代表取締役社長
写真2●バイドゥの井上俊一代表取締役社長
[画像のクリックで拡大表示]

 中国ネット検索最大手の日本法人であるバイドゥは2009年9月28日,携帯電話向け検索サービス「Baiduモバイル検索サービス」β版(写真1)の提供を開始した。モバイル・サイトやPCサイトのほか,画像,動画の検索が可能。また,日本市場向けの独自サービスとして,「絵文字検索」に対応する。

 Baiduモバイル検索サービスの絵文字検索とは,検索キーワードに絵文字を使える機能である。絵文字が表す意味を認識して,同義のキーワードを含むサイトを検索する。逆に,検索キーワードに合致する絵文字を含むサイトを検索することも可能だ。バイドゥ モバイル事業部の前川英之氏は,「約40%ものサイトが絵文字を含んでいる」と述べ,絵文字検索の有用性をアピールした。

 バイドゥは,2008年からPC向け検索サービス「Baidu.jp」を日本市場で提供している。今回,新たにモバイル検索サービスに参入した背景について,同社の井上俊一代表取締役社長(写真2)は,「携帯電話の通信容量拡大で,モバイル検索サービスの需要は今後より高まるだろう。しかし,現状のモバイル検索は網羅性や検索速度などの面で,クオリティが不十分である。モバイル検索市場で当社サービスは最後発となるが,まだまだ間に合う時期だと考えている」と述べた。