PR
SNS加入権付きCD「1968」をアピールする加藤登紀子氏
SNS加入権付きCD「1968」をアピールする加藤登紀子氏
[画像のクリックで拡大表示]
CD購入者限定SNS「1968 by 加藤登紀子」の開発を担当した手嶋屋代表取締役の手嶋守氏
CD購入者限定SNS「1968 by 加藤登紀子」の開発を担当した手嶋屋代表取締役の手嶋守氏
[画像のクリックで拡大表示]

 タワーレコード、ユニバーサル ミュージック(東京都港区)、手嶋屋(東京都板橋区)、トキコプランニング(東京都渋谷区)は2009年9月28日、アーティストの加藤登紀子氏が2009年10月7日に発売する新曲「1968」のプロモーションの一環として、CD購入者限定で加入できるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を開始すると発表した。

 「1968」は米国でキング牧師やロバート・ケネディ氏が暗殺され、日本では学生運動が盛んだった1968年をテーマにした曲。SNSの名称は「1968 by 加藤登紀子」で、開発は手嶋屋が担当した。

 「1968」のCD内にはシークレットナンバーが印字されており、購入者は「1968特設ページ」にアクセスして同ナンバーを入力するとSNSに参加できる。SNSには日記、スケジュール、アルバム、コミュニティ、プロフィール、メッセージのやり取りなどの機能を備える。ケータイにも対応する。

 加藤登紀子さんは同日開催した記者会見で、「若い世代の人たちにも1968年に何が起きていたかを知ってほしい。自分に対して正直だった当時の様子をSNSでのコミュニケーションを通じて伝えられれば」と語った。

 新曲「1968」のCDは10月7日から11月末日までタワーレコードでのみ先行販売。同SNSは1年間はCD購入者限定で運営する予定だが、その後は有料化なども含めて検討していくという。

■関連情報
・「加藤登紀子『1968』特集ページ」のWebサイト http://www.tokiko.com/1968/