PR
Pirka'rのマルチブラウザビュー機能
Pirka'rのマルチブラウザビュー機能
[画像のクリックで拡大表示]
Pirka'rのブラウザ互換性チェック機能
Pirka'rのブラウザ互換性チェック機能
[画像のクリックで拡大表示]
コード補完機能などを備えたHTML/CSS/JavaScriptエディタ
コード補完機能などを備えたHTML/CSS/JavaScriptエディタ
[画像のクリックで拡大表示]

 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は2009年9月30日,コンテンツをさまざまなWebブラウザで閲覧した際の互換性向上を支援するツール「Pirka'r」(ピリカル)を,オープンソース・ソフトウエアとして正式公開した。互換性を検証や,コンテンツ編集機能を備える。

 Pirika'rは以下のような機能を持つ。HTMLやCSS,JavaScriptを検証し,ブラウザに依存する記述がないかどうかを検証する「ブラウザ互換性チェック機能」。コンテンツがFirefox, Internet Explorer, Safariでどう表示されるかを,1画面に並べて表示する「マルチブラウザビュー機能」。また,コード補完や,シンタックス・ハイライト,構文チェックが可能なHTML/CSS/JavaScriptのエディタを備えており,指定したURLのコンテンツをディレクトリ構造を保ったままダウンロードし編集できる。

 IPAがPirika'rを開発した目的はWebコンテンツの互換性向上である。「インターネットにおいてはWorld Wide Webが情報流通の中心的役割を担っているが,ブラウザによって表示や動作が異なるという非互換の問題が顕在化している。Pirika'rを利用することで互換性に問題のある箇所の確認が容易になり,より互換性の高いWebコンテンツの作成が可能になる」(IPA)。

 IPAは2008年度オープンソフトウェア利用促進事業として,グルージェントにツールの開発を委託。グルージェントが支援するOSS開発コミュニティ「The Ashikunep Kotan」のサイトでPirika'rを配布している。Pirka'rはアイヌ語で「良い道」を意味する。

◎関連リンク
Pirka'r公式サイト