PR
代理店別の権限設定が可能
代理店別の権限設定が可能
[画像のクリックで拡大表示]

 ビービットは、Webサイトで買い物をした利用者の広告閲覧履歴を過去にさかのぼって把握できる広告効果測定ASP「WebAntenna(ウェブアンテナ)」の携帯電話版を開始した。携帯電話向けサイトで商品購入やサービス申し込みを行った利用者が、それ以前にどのような広告にどういう順番で接触してきたのかを確認し、分析する。

 ウェブアンテナは2008年2月にパソコン版を開始。顧客は金融、小売り、人材、教育が中心で、導入実績は累計で100社以上。携帯電話版はパソコン版と同等の機能を備え、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの3キャリアに対応する。

 利用者の履歴分析に加え、複数の代理店に広告出稿や成果レポートを委託したい企業向けの機能も備える。代理店別にデータの閲覧、操作権限を設定し、出稿元代理店以外は担当領域の成果データを閲覧しないよう制限できるため、情報管理に役立つ。

 また表計算ソフトを使わなくても特定の条件での成果指標数値を集計できる。よく使う重要指標を画面上でプルダウンを選ぶだけの操作で表示する。

 このほかパソコン版と併用する際は、レポート画面左上のリンクをクリックするだけで、パソコン版と携帯電話版の画面を切り替えられる。料金は初期費用がそれぞれ10万円。ただしパソコン版と携帯電話版を同時に申し込む場合は合計15万円に割引する。月額料金は3万円からで、クリック数による従量課金制をとる。最低契約期間は3カ月。

 なおビービットは先着50社限定で携帯電話版の初期費用を無料、月額料金を3カ月無料にするキャンペーンを行う。条件はパソコン版と携帯電話版を同時に申し込むか、すでにパソコン版を導入していて携帯電話版を申し込む場合。または携帯電話版の利用期間を6カ月以上で申し込む場合。2009年12月末までに申し込み、2010年1月末までに利用開始する必要がある。

■関連情報
・ビービットのWebサイト http://www.bebit.co.jp/