PR
写真1●KDDIが展示した「直感コントローラ2」<br>スティックを上下左右に「動かす」,あるいは「押す」という動作で,携帯電話のアプリケーションを3次元でコントロールできる。
写真1●KDDIが展示した「直感コントローラ2」<br>スティックを上下左右に「動かす」,あるいは「押す」という動作で,携帯電話のアプリケーションを3次元でコントロールできる。
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●スティックを外したところ&lt;br&gt;磁石で付いているだけなので簡単に着脱できる。
写真2●スティックを外したところ<br>磁石で付いているだけなので簡単に着脱できる。
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIは,2009年10月6~10日に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催中の「CEATEC JAPAN 2009」において,バネのような器具(以下,スティック)を使って携帯電話を操作する「直感コントローラ2」を展示している(写真1)。携帯電話の内蔵カメラの上に取り付けたスティックを上下左右に押下することで,3次元の操作ができる。

 直感コントローラ2の仕組みは簡単。スティックの頭部分の裏側にマーカーがあり,これを携帯電話内蔵のカメラを使って撮影する。この形状や大きさを調べることで,スティックの動きの方向を見分ける。例えば,上下左右に動かせばマーカーの位置が変わるし,押せばマーカーが大きく写る。内蔵カメラを利用するので,既存の携帯電話に画像認識のソフトウエアを入れれば,すぐにでも実装できる。スティックは樹脂製で安価に製作が可能だという。

 今回の会場で展示されていたスティックは携帯電話本体に磁石で付けられており,着脱可能になっていた(写真2)。「スティックを利用しない場合は,携帯ストラップとして外しておけばいい」(説明員)。技術は既に完成しており,「今回の展示を通して,ニーズが確認できれば商品化したい」(同)という。

■変更履歴
公開時にはタイトルで「直感コントローラ」としていましたが,昨年に参考展示した技術と混同するため「直感コントローラ2」に変更しました。 [2009/10/06 21:00]