PR
写真1 発表会に臨んだNECの藤吉幸博執行役員常務,富山卓二執行役員,龍野康次郎執行役員(左から)
写真1 発表会に臨んだNECの藤吉幸博執行役員常務,富山卓二執行役員,龍野康次郎執行役員(左から)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2 本社1階に設けたNECクラウドプラザ
写真2 本社1階に設けたNECクラウドプラザ
[画像のクリックで拡大表示]
写真3 RFIDとSaaSを利用したデジタル・サイネージ。RFICをかざすと関連情報が表示される
写真3 RFIDとSaaSを利用したデジタル・サイネージ。RFICをかざすと関連情報が表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 NECは,本社ビル内にクラウド・コンピューティングのショールーム「NECクラウドプラザ」を開設した(写真1,2)。シュールーム内の端末から同社のデータセンターにアクセスすることで,同社が7月に始めた「クラウド指向サービスプラットフォームソリューション」を実体験できる。

 クラウドプラザで体験できるシステムでは,同社が実践している経営システムの改革事例とSaaS(service as a service)の提供例を紹介している。

 新しい経営システムでは,グループ企業を含めた経営情報を一元化し,“見える化”している。NECは,経営システムの改革を通じて,対象領域の間接部門費用を2012年度までに2割以上削減することを目標にしている。グループ会社で重複する業務システムや,前後の業務プロセスの重複を省くことで実現する。

 SaaSの提供例では,RFID(無線タグ)を活用した人事・勤怠管理システムや,デジタルサイネージ,医療機関をまたぐ診療データの共有などを体験できる(写真3)。