PR

 RSAセキュリティは2009年10月14日、インターネットバンキングなどの利用者を標的にした金銭詐欺を防止するサービスを開始した。いわゆる「トロイの木馬」によるオンライン詐欺への対策サービスで、従来から提供しているフィッシング対策サービスに続く第2弾となる。まずは三井住友銀行が採用した。

 新サービスの名称は「RSA FraudAction Anti-Trojan Service トロイの木馬対策サービス」。インターネットバンキングの利用者のパソコンに不正にインストールされたトロイの木馬を検知し、トロイの木馬とやり取りする不正サイトの情報をブラウザ開発会社やウイルス対策ソフトベンダーなどに提供することで、利用者のアカウント情報などの不正取得を防止する。さらに、不正取得された利用者の情報を特定して金融機関に通知する。最終的には、ISPなどと協力して不正サイトを閉鎖に追い込む。

 料金は、100インシデント(閉鎖に追い込んだ数)までで年間1080万円。初期費用は別途必要となる。金融機関だけでなく、オンラインゲーム事業者やオンラインショッピング事業者などにも採用を働きかけ、2011年までに20社以上の顧客獲得を目指す。