PR

 無線LAN製品の業界団体Wi-Fi Allianceは米国時間2009年10月14日,複数のWi-Fiデバイスをアクセス・ポイントなしで直接接続する新たな技術仕様を発表した。現在この仕様の策定作業を行っており,間もなく完成版を公開する予定。対応機器向けの認定プログラム「Wi-Fi CERTIFIED Wi-Fi Direct」は,2010年半ばに開始する。

 この仕様に対応したWi-FIデバイスは,アクセス・ポイントを中心とする無線LANに接続することなく,ほかの対応デバイスと通信できる。対応デバイス3台以上の同時通信も可能で,無線LAN版パーソナル・エリア・ネットワーク(PAN)といった位置付けの仕様。これまで「Wi-Fi peer-to-peer」という開発コード名で検討していた。

 既存のWi-Fi仕様を踏襲しており,通信範囲や通信速度は従来の無線LAN接続環境(インフラストラクチャ接続)と同じ。WPA2方式の暗号化通信も利用できる。Wi-Fi Allianceは,携帯電話機やカメラ,プリンタ,パソコン,キーボード,ヘッドフォンなど,あらゆるWi-Fiデバイスに搭載可能な技術としている。

[発表資料へ]