PR

 ウィルコムとウィルコム沖縄は10月15日より、ミニブログ「Twitter」を、インターネットサービスの公式コンテンツに採用する。国内の移動体通信事業者としては初の試みとしている。また11月12日に発売する新型端末「HONEY BEE 3」では、初期設定メニューにTwitterのショートカットを設け、ワンタッチでアクセスできるようにする。

 HONEY BEE 3は10歳代後半―20歳代前半の女性向け端末「HONEY BEE」シリーズの新機種で、かわいらしいデザインや小型軽量を特徴として打ち出している。ウィルコムは同端末を購入する顧客層にTwitterの利用を促し、併せてパケット料金の上限を2800円に設定した「新ウィルコム定額プラン」の導入を勧める。

 これに伴いウィルコムは、Twitterを利用した情報配信を強化している。既存の社員ブログが10月14日付けでTwitter上に公式アカウントを開設した。同社はすでに店舗情報を扱う「ウィルコムストア」、PHS向けコンテンツ情報を扱う「W+Info」、電子コミック情報を扱う「W+Book」を開設しており、これでTwitter上の公式アカウントは4つ目となる。

■関連情報
・ウィルコムのWebサイト http://www.willcom-inc.com/