PR
画面●CapacityIQの画面例
画面●CapacityIQの画面例
[画像のクリックで拡大表示]

 ヴイエムウェアは2009年10月20日、仮想環境向けキャパシティ管理ツール「VMware vCenter CapacityIQ」を販売開始した。リソースの使用率を把握するとともに、将来的な需要予測なども行う。市場予測価格は1CPU当たり12万4000円である。

 CapacityIQは、仮想化したインフラのキャパシティ管理に必要な各種情報を提供する(画面)。例えば、リソース使用状況を分析し、過剰にリソースが割り当てられている仮想マシンをリストアップする。管理者はこの情報を基に、リソースを再配分することが可能だ。

 キャパシティ変化の影響をモデル化する機能も備える。アプリケーションの更新やサーバーの故障、災害などの影響をモデル化する。このモデルを活用することで、業務やサービスが停止するリスクの回避が図れる。