PR

 フィンランドNokiaは現地時間2009年10月22日,同社の無線通信技術に関する特許10件が「iPhone」で侵害されたとして,米Appleを米デラウェア州連邦地方裁判所に提訴した。対象となる具体的な特許やAppleに対する要求内容といった詳しい情報は公表していない。

 Nokiaが侵害されたと主張する特許は,GSM/UMTS携帯電話と無線LANの標準仕様を実装する際に必要な技術。通信データ/音声,セキュリティ,暗号化などの処理が対象。2007年のiPhone発売以来すべてのモデルで侵害されたとしている。

 Nokiaによると,同社は実質的にすべての主要モバイル機器ベンダーを含む約40社とこれら特許のライセンス契約を締結しているという。

[発表資料へ]