PR

 富士通は2009年10月26日、複数の業務システムから明細データを収集・蓄積し、分析や監査などの業務に利用するためのソフトを開発した。名称は「Interstage XML Business Activity Recorder V10」。同日から販売を開始し、12月から出荷する。

 富士通の渡辺雅彦ソフトウェア計画本部開発企画統括部統括部長は「各部門の業務システムごとに情報系システムがあったり、業務システムによってデータ形式が違っていたりするため、全社的な情報活用を図ろうとする場合、問題がある」と話す。XML Business Activity Recorderはその問題の解消を狙った製品だという。

 商談や受注、出荷などの複数の業務システムから取引明細のCSVファイルを収集し、XMLのDB(データベース)に保存する。渡辺統括部長は「例えば受注システムから出荷システムへ明細データを渡すためにCSVファイルを出力している企業は多い。そのCSVファイルを収集するだけなので業務システムに変更はいらない」と説明する。SOA(サービス指向アーキテクチャ)のシステムの場合は、ESB(エンタープライズ・サービス・バス)の中を通る取引データを自動で収集し、XMLDBに送ることが可能だ。

 保存したデータは同社のBI(ビジネスインテリジェンス)ツール「GLOVIA/MI」や、XMLDBのデータを分析できるSAPの「BusinessObjects Xcelsius」などに出力することができる。外部のDBやDWH(データウエアハウス)などにデータを出力することも可能だ。

 XML Business Activity Recorderは、DBMS(データベース管理システム)「Symfoware」や、CSV/XMLのデータの集計・抽出をするソフト「Interstage Data Effector」など、同社の複数のミドルウエアを基に開発した製品だ。

 データを収集する際には、例えば受注システムで「受注件名」、売り上げシステムで「件名」、仕入れシステムで「商品名」として同じデータを保存している場合、「件名」に統一してXMLタグを付ける、といった処理をする。富士通は、同社自身が情報系統合プロジェクトを実施して設けたタグ項目や、同社のアプリケーション部隊のノウハウを基に、有用性の高いXMLタグのひな型を用意した。渡辺統括部長は「アプリケーション部隊と、ミドルウエア部隊が共同で開発した初めての製品」と話す。

 価格は「蓄積サーバプロセッサライセンス V10」のみを購入する最小構成で350万円。データソースとなる業務システムが多い場合、225万円の「連携サーバプロセッサライセンス V10」を購入すれば、データ連携時のパフォーマンスをスケールアウトによって高めることもできる。