PR

 VHF-LOW帯マルチメディア放送推進協議会(VL-P)は,VHF帯ローバンド(第1~第3チャンネルの18MHz幅)を利用する携帯端末向けマルチメディア放送システム(ISDT-Tsb)で利用可能なCAS方式について,技術情報の募集を開始した。ホームページにおいて,その要項を公開している。

 VL-Pは,VHF帯ローバンドを利用する携帯端末向けマルチメディア放送の運用規定策定を目的に活動している。会員各社に対するサービス・モデル調査から,対象とする周波数において,無料放送だけではなく,有料放送の枠組みも存在するプラットフォームとするため,CASを考慮した運用規定を検討することになったという。

 要項においては,対象とする放送(リアルタイム放送の有料サービス)や,端末の形態/種類の例/決済手段などの想定例が示されている。

[ホームページへ]
[募集要項へ]