PR

 医薬・日用品大手のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は11月5日より、大手SNS「mixi」内で、電通の人気キャラクター「豆しば」を利用した自社コンタクトレンズ製品のキャンペーンを始めた。「mixiアプリ」として豆しばが登場するゲームを配信し、同キャラクターに親しみを持ちやすい20―30歳代の女性にキャンペーン効果を期待する。

 キャンペーン名は『「豆しば」×「アキュビュー オアシス」うるおい豆知識』。SNS内に特設ページを用意し、ゲームや限定の動画コンテンツを配信するほか、J&Jのコンタクトレンズ製品「アキュビュー オアシス」の公式サイトへリンクを張る。

 ゲームは流れてくる豆しばをはしで捕まえるという内容で、タイトルにアキュビュー オアシスの名称を冠している。mixi会員が「マイミクシィ」として登録したほかの会員にこのゲームを紹介すると、特典が受けられる仕組みになっている。

 また動画コンテンツでは、豆しばが目の健康に関する知識を紹介する。これに加え同キャラクターのバリエーションである眼鏡をかけた「レンズ豆しば」がコンタクトレンズを試す動画をmixi限定で公開するなどし、ファンを引き付ける。このほかコンタクトレンズの試供品申し込みページや、mixi内にある豆しばの公式アカウントへのリンクも張る。

■関連情報
・ミクシィのWebサイト http://mixi.co.jp/