PR

 アマゾンジャパンは2009年11月5日、プライベートブランド「Amazonベーシック」商品の日本国内での販売を開始したと発表した。Amazonベーシックは、米アマゾン・ドット・コムが世界的に商品の企画・開発を推進するプロジェクト。米国では2009年9月2日に開始しており、高品質な商品を低価格で提供することが目的。

 当初の取扱商品はDVD・CDメディア、ネットワークケーブル、マルチメディアケーブルなどの18商品。 「グローバルで要望が高いと同時に、高品質・低価格で提供可能なもの」(同社広報)から開発、販売を始めたという。米国、欧州、アジアの工場で製造しているがメーカーは非公表。日本で販売する商品に関しては、日本語の説明書などが付属する。

 価格は、「Amazonベーシック 4.7GB 16倍速 DVD-R データ用 (100枚入 スピンドルケース) 」が1904円、「Amazonベーシック マルチシールド ハイスピード HDMI バージョン1.3b対応ケーブル (2.0m) 」が920円など。今後、さらに品ぞろえ、サービスを拡充していく方針。

■関連情報
・「Amazonベーシック」のWebサイト http://www.amazon.co.jp/amazonbasic