PR
写真●BIGLOBEファームではネットカメラで農園の様子を確認できる
写真●BIGLOBEファームではネットカメラで農園の様子を確認できる
[画像のクリックで拡大表示]

 NECビッグローブは2009年11月6日、レンタル農園事業を手がけるマイファームと提携すると発表した。両社は、Webサイトでレンタル農園の利用申し込みを可能にするサービス「BIGLOBEファーム」を2010年2月中旬に開始する。家庭菜園に関心を持つ個人向けに提供するという。

 マイファームが管理するレンタル農園の一部を、BIGLOBEファームのブランド名で、BIGLOBE会員に貸し出す。利用者は借りた農園で、大根、ほうれん草、ルッコラなどを栽培できる。料金は7.5平方メートルで、月額3980円である。

 家庭菜園を支援するサービスも、料金内で併せて提供する。このなかの一つである「ネットカメラ」は、農園の様子を自宅のPCや携帯電話で確認するサービスだ(写真)。いつ雑草処理をするか、いつ収穫するかなどを、現地に行かなくても判断できる。「ネット農園相談室」を活用すれば、野菜栽培の悩みを農園の専門インストラクターに相談できる。

 仮想的な野菜をネットで栽培するサービス「iplant」も、BIGLOBEファームの利用者に無料で提供する。iplantはベンチャー企業、とれいすのサービスである。実際の農園の野菜の育成状況と同期して、ネット上の仮想的な農園でも野菜が育つというアプリケーションである。どの野菜がどれくらい育っているかなどを、利用者同士が話題にするコミュニケーションの場を作る。

 NECビッグローブは今後3年間で60農園、3万人の利用、10億円の売り上げを見込む。月額利用料金は3980円だが、初期費用として1万500円、1年ごとの利用更新料として1万500円が別途かかる。