PR

 テレビ朝日,テレビ朝日メディアプレックス,インターネットイニシアティブ(IIJ),スキルアップジャパン(SUJ)の4社は2009年11月16日,Adobe Flash Media Rights Management Server(FMRMS)によるデジタル著作権管理(DRM)を実装したFlash Videoストリーミング配信の実証実験を,同日に開始すると発表した。

 実験は2009年12月15日までの約1カ月間,テレビ朝日が運営する動画配信サービス「テレ朝動画」(http://www.tv-asahi.co.jp/douga/)で実施する。配信コンテンツとして「カーグラフィックTV」のプロモーション動画を予定している。

 テレビ朝日とテレビ朝日メディアプレックスはコンテンツ提供と視聴プレーヤーの開発を担当する。両社は実証実験で得られた著作権保護のノウハウを活用し,より堅牢な動画配信サービスの提供を目指す。IIJは配信サーバー/FMRMSサーバーの運用と,ネットワーク・インフラを含む配信プラットフォームを提供する。IIJは実験で得られた著作権保護のノウハウをIIJが展開する「IIJ大規模コンテンツ配信サービス」に活用する方針である。SUJはAdobe AIRとFMRMSを利用した著作権保護機能付きのデスクトップ動画プレーヤーの技術情報提供と,ファイル暗号化などの運用作業を行う。本実験で得られたノウハウを,SUJが展開する動画配信プラットフォーム「ULIZA」へ実装展開する予定である。

 現在のFlash Videoストリーミング配信は,Adobe Flash Media Serverのプロトコル方式が持つ,配信過程のデータを暗号化する技術を用いて配信コンテンツのセキュリティーを確保している。今回さらに,Flash Videoの動画ファイルそのものをDRMで暗号化することで,万が一ファイルが不正に取得された場合でも,映像を再生できなくする。

[テレビ朝日の発表資料へ]
[IIJの発表資料へ]
[SUJの発表資料へ]