PR
図 ハイブリッドノンリニア編集機の概要
図 ハイブリッドノンリニア編集機の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 日本放送協会(NHK)は2009年11月17日,番組を効率的に編集できる「ハイブリッドノンリニア編集機」を,さくら映機と共同で開発したと発表した。外部のコントローラーを使って,リアルタイムでデジタル処理による映像加工ができる映像加工装置とハイブリッドノンリニア編集機を併用するというものである。

 放送局では,VTRのリニア編集機に代わってハード・ディスク装置などを用いたノンリニア編集機が普及し始めている。ノンリニア編集機は,単体で使用することを前提に設計されており,CPUの性能が低い機種はDVE(Digital Video Effects)など映像加工に長い時間が必要となる。一般にノンリニア編集機の映像出力は1系統であるが,今回はノンリニア編集機に2系統の出力端子を付けて,映像加工装置に映像を入力して高速に処理できるようにした。

 ハイブリッドノンリニア編集機は,「InterBEE2009」(2009年11月18日~20日開催)において三友と加賀ソルネットのブースで展示される予定である。

[報道資料へ]