PR

 NTT東日本とオプティキャストは2009年11月17日,集合住宅のオーナーや管理会社,管理組合向けに「フレッツ・テレビ」を安価に導入できる新料金プラン「フレッツ・テレビ 建物一括契約プラン」を,2009年12月1日に提供すると発表した。申し込みは2009年11月18日に開始する。フレッツ・テレビはオプティキャストが提供する放送サービス「オプティキャスト施設利用サービス」と,NTT東日本が提供する「フレッツ・テレビ伝送サービス」を組み合わせたテレビ・サービスである。

 建物一括契約プランは6戸以上の集合住宅全戸を対象に,映像サービス専用の回線を共聴設備まで引き込み,各戸には建物の共聴設備を利用して地上デジタル,地上アナログ,BSデジタル,BSアナログ放送を提供する。さらに集合住宅の各入居者は,別途オプティキャストと契約することで「スカパー!光」と「スカパー!e2」の視聴も可能となる。

 提供エリアは東京都,神奈川県,千葉県,埼玉県,福島県,北海道の「フレッツ・テレビ」と「フレッツ 光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ」が利用可能な一部地域である。料金は1戸当たり月額1050円(オプティキャスト施設利用サービス210円と,フレッツ・テレビ伝送サービス840円の合計)で,オーナーが全戸分をまとめて一括契約する。初期費用は1回線につき契約料が840円,工事費は無料(最低利用期間12カ月などの各種条件あり)または2万8455円(最低利用期間なし)である。

 これまで入居者が個別にフレッツ・テレビを導入する場合,フレッツ・テレビの利用料月額682.5円に加えて,アクセス回線費用として月額2500~4400円が必要だった。なおインターネット・サービスを利用する場合は,今回の建物一括契約プランとは別に,入居者が個別に通信事業者と契約する必要がある。

[NTT東日本の発表資料へ]
[オプティキャストの発表資料へ]