PR
執行役員 通信システム事業本部長の大畠昌巳氏
執行役員 通信システム事業本部長の大畠昌巳氏
[画像のクリックで拡大表示]
発表資料
発表資料
[画像のクリックで拡大表示]

 シャープは2009年11月17日,同社の携帯電話事業説明会を開催し,米Google Inc.の携帯電話機向けプラットフォーム「Android」を採用した携帯電話機を開発中であることを明らかにした。「オープンOSを活用した新しい商品を創出したい。来年(2010年)にも投入予定」(同社 執行役員 通信システム事業本部長の大畠昌巳氏)という。

 Androidを採用した理由については「通信事業者との協議の上,決定した」(シャープの大畠氏)とし,既に具体的に通信事業者との開発を進めているという。端末を提供する予定の通信事業者については「コメントを差し控えたい」(同)とした。

 機能面では,「国内市場にフィットできるように,シャープ独自のカスタマイズを行っていく」(同)とした。具体的には,FeliCaや通信事業者独自のWebサービスに対応していく予定という。その他のハードウエア仕様についての明言はなかった。