PR

 SAPジャパンは2009年11月18日、ERP(統合業務基幹システム)パッケージ「SAP ERP」を核にした中堅・中小向け統合ソリューション「SAP Business All-in-One」のクラウドサービスを、チャネルパートナー経由で提供すると発表した。第1号パートナーとして、電通国際情報サービス(ISID)が、2010年初頭にサービスを開始する。

 同サービスは、SAPのチャネルパートナーがSAP Business All-in-Oneのクラウド環境を用意して複数の利用企業に提供するもの。利用企業はチャネルパートナーにアプリケーションやインフラの保守・管理、アップグレードなどを任せることで初期投資コストや運用管理面の負担を軽減できる。

 ISIDは自社所有のデータセンターにクラウドサービス用サーバーを設置し、「ビジネス・アクセル for SAP ERP(BusinessACXEL for SAP ERP)」の名称で提供する。同社はSAP Business All-in-Oneとワークフローやデータ連携などと組み合わせた独自サービスも用意する。

 利用者数に応じた月額料金制で、24カ月、36カ月、48カ月のいずれかから選択できる。月額料金のほかに、インストールや初期設定などの初期費用が別途必要となる。ISIDは2013年に20億円の売り上げを目指す。

 SAP Business All-in-Oneのクラウドサービスは、欧米では提供済みだが、アジア地域での提供はISIDが初となる。SAPジャパンは今後、クラウドサービスを提供するチャネルパートナーを増やす。