PR

 米American Expressは米国時間2009年11月18日,決済サービス事業の米Revolution Moneyを買収することで合意したと発表した。買収額は約3億ドルで,手続きは2010年第1四半期に完了する見通し。

 Revolution Moneyは,米AOLの共同設立者であるSteve Case氏の会社Revolutionが2007年に立ち上げた事業。インターネット経由の個人間送金,PIN番号で決済可能な無記名カード,オフラインの支払いやATMでの引き出しに利用できるプリペイド・カードなどを扱っている。買収完了後はAmerican Expressの子会社となり,現CEOのJason Hogg氏がCEO兼社長を務める予定。現取締役会会長で大株主のTed Leonsis氏はAmerican Expressの特別顧問となる。

 American Expressはこの買収により,既存のRevolution Moneyサービスの米国外への展開,SNSサイト向けの決済手段のアプリケーション開発促進,米国内でのモバイル決済サービスの開発などに焦点を当てる。

 American Express会長兼CEOのKenneth I. Chenault氏は「新しい決済商品やプラットフォームは急速に発展しており,当社が従来の決済分野から指導的地位を広げるためには,常に最新の技術を見極めていくことが重要だ。Revolution Moneyはまだ若い会社で比較的小規模だが,大きな可能性を秘めている」と述べた。

[発表資料へ]