PR
写真1●Sony Ericsson Mobile Communicationsブースの「Xperia X10」展示
[画像のクリックで拡大表示]

 ショーケースの中にある電源の入っていない新端末(写真1)を眺めていると,説明員がそっと近づいて稼働中のAndroid携帯「Xperia X10」の実機をデモする。そんな演出でWeb開発者にアピールしているのが,2009年11月16日から開催されている「Web 2.0 Expo New York 2009」の日スウェーデン合弁のSony Ericsson Mobile Communications(SEMC)ブースだ。

 Xperia X10は,米Googleの組み込み向けOS「Android」をベースに,SEMC独自のユーザー・インタフェースを作り込んだスマートフォン(関連記事)。入力デバイスとしてタッチパネルとスライド式のキーボード,顔認識機能付き800万画素デジタルカメラ機能(写真2写真3),などを備える。

写真2●顔認識機能付きの
デジタルカメラ機能
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●アドレス帳と顔写真の
関係データを基に
写真と人を自動で関連付け
[画像のクリックで拡大表示]

 デモの主役は,SEMC独自のアプリケーション「Mediascape」と「Timescape」。Mediascapeは,端末内の写真や音楽,ビデオに加えて,ストリーミング動画のようなネット上のコンテンツを一望できるメディア・プレーヤ(写真4)。Timescapeは,デフォルト50件の各種メッセージを時系列に沿って集約するランチャーである(写真5)。

写真4●メディア・プレーヤ
「Mediascape」
[画像のクリックで拡大表示]
写真5●時系列ソートが基本の
ランチャー「Timescape」
[画像のクリックで拡大表示]

 企業ユーザー向けの機能としては,Microsoft Exchange ServerやOutlookとの同期するActiveSyncに対応するAndroid向けアプリケーション「Moxier Mail」がインストールされていた(写真6)。ただし従来からあるサードパーティ製品のため,ユーザー・インタフェースはXperiaのそれになじんでいない。

写真6●ActiveSyncに対応するサードパーティ製Android向けアプリケーション「Moxier Mail」を同梱
[画像のクリックで拡大表示]

 製品化の時期は2010年第1四半期の予定。開発が終了していないこともあり,今回の展示ではタッチ・アンド・トライの場としては時期尚早と見たようだ。実機に触れる機会はまだ先になるが,端末エミュレータはソフトウエア開発キット(SDK)の「WebSDK」ベータ版を同社のサイトからダウンロードして試せる。

■変更履歴
最後の一文で、ソフトウエア開発キットを当初「WedSDK」としていましたが,正しくは「WebSDK」です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2009/11/19 18:10]