PR

 米Googleは米国時間11月23日,ディスプレイ広告の技術開発会社,米Teracentを買収すると発表した。Teracentの技術をGoogleのディスプレイ広告技術に導入し,コンテンツ広告ネットワーク「Google Content Network」や傘下のDoubleClickの顧客に提供していく計画。

 Teracentは2006年に設立したカリフォルニア州サンマテオに拠点を置く企業。同社の設立メンバーには米Inktomiのエンジニアや,米Yahoo!の広告マーケティング担当者だった人物がいる。Googleは年内にも同社の買収手続きを完了する予定。買収金額などの詳細は明らかにしていない。

 Teracentは,機械学習アルゴリズムを使って,広告の内容を変更する技術を開発している。広告が表示される時刻や季節,ユーザーの居住地域,言語,Webサイトのコンテンツ,過去の成果などを考慮して,何千という広告要素の組み合わせの中から最も効果が高いと考えられるものを選び出す。

 Googleはこのほど,広告取引市場「DoubleClick Ad Exchange」や,広告配信管理ASP「DART for Advertisers(DFA)」などを刷新しており,携帯電話向け広告ネットワーク米AdMobの買収も発表している(関連記事:グーグル,「DoubleClick Ad Exchange」をローンチ--ディスプレイ広告市場に照準Google,モバイル広告ネットワークのAdMobを7億5000万ドルで買収へ)。Teracentの買収はこうした広告事業強化の一環。

[Google公式ブログへの投稿記事]