PR

 オンライン広告ネットワークの英Adconion Media Groupは米国時間2009年11月24日,動画配信サービス「Joost」を運営する米Joostの一部資産を買収したと発表した。買収金額などの詳細については明らかにしていない。

 Joostは,VoIPソフト・ベンダーのSkypeを創設したNiklas Zennstrom氏とJanus Friis氏が立ち上げたプロジェクトで,2007年に正式にサービスを開始した。当初は,専用のデスクトップ・アプリケーションを用いたサービスを展開していたが,2008年10月にWebブラウザで動画コンテンツを視聴できるサイトを開設し,12月にはWebブラウザ版にサービス提供を統一した(関連記事:米Joostが専用再生ソフト向けの映像配信サービスを停止,ブラウザー視聴に統一へ)。今年6月に事業方針の見直しを発表し,ビデオ配信プラットフォームのホワイト・レーベル提供に事業の主軸を移行していた(関連記事:動画配信サービスのJoostがリストラ,プラットフォーム提供に主軸)。

 Friis氏は,「この数カ月間,Joostの戦略的な選択肢を模索してきたが,Adconion Media Groupに資産を売却することがJoostにとって最善の利益になると判断した」と説明した。

 Adconion Media Groupの動画広告ネットワーク「Adconion.TV」では,テレビやビデオ,ゲーム向けのターゲット広告配信を手がけている。2000以上のパブリッシャが参加し,リーチ可能なユニーク・ユーザー数は1カ月あたり3億人近くにのぼるという。同社はJoost資産買収により,プロ制作によるビデオ・コンテンツに付けるプリロール広告(コンテンツ再生前に流す広告)のライブラリ拡大を図る。また,今後もJoostサイトの運営を継続する。

[発表資料へ]