PR
写真●11月25日の発表でも,遠隔から自社のセンターのパソコンにアクセスし,プレゼンテーション・ソフトを動かした
写真●11月25日の発表でも,遠隔から自社のセンターのパソコンにアクセスし,プレゼンテーション・ソフトを動かした
[画像のクリックで拡大表示]

 ランコム・システムズは,インターネット経由でパソコンの機能を提供する「I-Total」(アイトータル)を開発,2009年11月25日に開催された「かながわビジネスオーディション」で披露した。

 I-Totalのシステム構成は,ランコム・システムズのオペレーション・センターにユーザーごとのパソコンを用意する。このパソコンにユーザーが購入したソフトウエアをインストールし,遠隔のシンクライアントからインターネット経由で利用できるようにしている。ソフトウエアの更新やウイルス対策などのメンテナンスは,センター側で一括サポートするために,ユーザーは維持管理のための労力を省くことができる。一時的にコンピューティング資源が必要な場合にはオンデマンドでハードウエアを増強できるようにした。

 クライアント端末としては,市販のシンクライアント端末のほか,専用ソフトを搭載した通常のパソコン,ネットカフェなどでの利用を想定したUSB端末,iPhoneが利用できる。

 月額利用料は,基本料1万2000円から。今後,限定ユーザーを対象とした品質確認を経て,2010年2月から商用サービスを始める予定という。同社の連絡先は,info@runcom.co.jp。