PR
写真●表彰式に臨む三菱東京UFJ銀行の畔柳信雄会長(前方右)
写真●表彰式に臨む三菱東京UFJ銀行の畔柳信雄会長(前方右)
[画像のクリックで拡大表示]

 プロジェクトマネジメント(PM)学会は2009年11月26日、設立10周年の記念行事を開き、三菱東京UFJ銀行の畔柳信雄会長ら16人に、PM学会の活動および発展に貢献したとして「プロジェクトマネジメント功労賞」を贈呈した(写真)。

 16人の多くは日本IBMや日立製作所といったIT企業のプロジェクトマネジャ、IT企業のOB、あるいは大学教授である。ただ一人、三菱東京UFJ銀行の畔柳会長だけがユーザー企業の経営トップとして名を連ねた。同行がPMの知見を生かしてシステム統合プロジェクト「Day2」を完遂させたことが評価された。

 表彰式に臨んだ畔柳会長は壇上で、「銀行のシステム部員と何十社ものソフトハウスの方々、さらには現場の技術者一人ひとりを支えた家族の方々のおかげで、システム統合プロジェクトを計画通りに進めることができた。統合プロジェクトにかかわった人たちの代表として受賞したと思っている」と述べた。

 記念行事の会場となった東京・日比谷公会堂には、PM学会員を中心に1100人が集まった(関連記事)。