PR
[画像のクリックで拡大表示]

 ヨドバシカメラは2009年12月2日から25日のクリスマスまで、3次元(3D)仮想空間(メタバース)「meet-me」内の仮想店舗を窓口として、家電を通販するキャンペーンを始めた。meet-meの運営会社ココアが2日付けで発表した。

 meet-meは東京23区を3D映像で再現したメタバースで、パソコンに専用ソフトをインストールしてアクセスする。ヨドバシカメラではメタバース内の秋葉原に開設した「ヨドバシカメラ秋葉原店」の1階で、デジタル一眼レフカメラ、液晶テレビ、ブルーレイレコーダーなど、実店舗で販売している家電50品目を取り扱い、商品の3Dオブジェクトなどを展示する。

 それぞれの商品について購入申し込みを受けると、ヨドバシカメラが実際の商品を顧客のもとへ配送し、実店舗での販売と同様にポイントを付与する。併せてココアもメタバース内で使えるポイントを付与する。

 メタバースの特徴を生かし、カップルやグループなど複数の人数でコミュニケーションをとりながら買物する、といった利用を想定する。またヨドバシカメラの店員がアバター(分身となるキャラクター)を操作して買物の相談に応じる。

 これに加え特定の商品を購入した顧客に、ポイントだけでなくメタバース内のアイテムを景品として渡す。具体的にはニコンのデジタル一眼レフカメラを購入した顧客に、外形やシャッター音などを再現した仮想のカメラを渡し、メタバース内での写真撮影に使えるようにする。

■関連情報
・ヨドバシカメラのWebサイト http://www.yodobashi.co.jp/
・ココアのWebサイト http://www.co-core.com/