PR

 ヴイエムウェアは12月3日、中堅・中小企業向けの仮想化支援策を発表した。新たな製品パッケージの提供、販売プロモーションの実施、パートナー支援強化の三つにより、中堅・中小企業の仮想化を後押しする。

 新たに「VMware vSphere Essentials for Retail and Branch Offices(ROBOライセンス)」を提供する。これは、「VMware vSphere Essentials/同 plus」に遠隔一元管理機能を加えた製品。VMware vSphere Essentials/同 plusは、20台未満のサーバーを一つのvCenterのみで管理可能なライセンスである。

 ROBOライセンスは10拠点以上での利用を想定したパッケージであり、市場予測価格は124万3000円。「VMware vSphere 4 Essentials Bundle for Retail and Branch Offices」のほか、「VMware vStorage Thin Provisioning」「VMware VMsafe」「VMware vCenter Server (for Essentials)」といった製品を含む。

 中堅・中小企業向けに販売プロモーションを実施する。その一環として、特設ポータルサイトで以下の情報を提供する。

・仮想化効果測定ツールを提供。設問に答えることで、VMware製品のライセンスタイプや導入に向けたアドバイスが得られる。

・「Virtualization Savings Calculator」と呼ぶツールを提供。仮想化によるサーバー統合で、どの程度の電力や温室効果ガスを削減可能かを計算できる。

・「仮想化のメリット:ITに変革が必要な理由 ~中堅中小企業のIT担当者用ガイド~」といった、中堅・中小企業向けの技術資料を提供する。

 2010年1月にパートナー営業支援体制を強化する。ヴイエムウェア製品の導入検討に際して、希望に応じて顧客ニーズに合ったパートナーを紹介する。