PR

 米Comcastと米General Electric(GE)は米国時間2009年12月3日,エンターテインメント事業の合弁会社設立で最終合意に達したと発表した。GEは傘下の米NBC Universal(NBCU)を新会社に移管する。

 NBCUはGEとフランスVivendi Universalが2003年にエンターテインメント事業を統合して設立した合弁会社で,GEが80%,Vivendiが20%を出資している。GEはComcastとの取り引きに当たり,58億ドルでVivendiの持株を買い取る。

 ComcastはGEに約65億ドルを支払うほか,評価額72億5000万ドルにのぼる自社のケーブル・ネットワークと地方スポーツ・ネットワーク,一部デジタル・メディアを合弁会社に引き継ぐ。これにより新会社の株式51%を取得する。GEが残りの49%を保有することになる。

 新会社に譲渡されるNBCUの評価額は,ケーブル・ネットワーク,映画およびテレビ番組制作,テーマパーク,91億ドルの負債も含めて300億ドルという。

 新会社は,ニュース,スポーツ,映画などの様々なコンテンツを手がけ,フィルム,テレビ,オンラインを含むあらゆるプラットフォーム向けのコンテンツ開発を推進する。本社をニューヨークに置き,取締役はComcastの指名による3人とGEの指名による2人で構成する。

[Comcastの発表資料]
[GEの発表資料]