PR
GroupSession Androidアプリケーション版
GroupSession Androidアプリケーション版
[画像のクリックで拡大表示]

 日本トータルシステムは2009年12月2日,同社のグループウエア「GroupSession」のAndroid携帯電話向けクライアント「GSモバイル Android」を有償オプションとしてリリースした。Androidアプリケーションであるため必要なデータだけを送受信するという。またタップによる操作にも対応している。

 GroupSessionは,同社が開発し無償公開しているWebグループウエア。スケジューラ,施設予約,稟議,在籍管理,プロジェクト情報管理などの機能を持つ。Javaで記述されており,サーバーはWindows,Linux,UNIXやMacOS上で動作する。ソースコードも公開しており改変可能だが,改変したものを他の企業に提供することはできない。

 日本トータルシステムは,GroupSessionの有償サポートや,モバイル・アプリケーション版クライアントなど有料オプションを提供している。iアプリ版,Brewアプリ版,S!アプリ版があり,今回Androidアプリケーション版を追加した。HTMLと比べて,モバイル・アプリケーション版は必要なデータを圧縮して送受信するために動作が高速という。またAndroidアプリケーション版はタップなどAndroid特有の操作に対応。カメラで撮影した画像も送信できる。

 「GSモバイル Android」はAndroidマーケットからダウンロードできる。ライセンス料は年間1万4800円(10登録ユーザー,税別)から。対応機種はHT-03Aのほか,日本国内でAndroid携帯電話が発売された場合は順次対応するとしている。