PR
写真●IIBA日本支部が発売したBABOK Version 2.0の日本語版
写真●IIBA日本支部が発売したBABOK Version 2.0の日本語版
[画像のクリックで拡大表示]

 国際非営利団体「IIBA(International Institute of Business Analysis)」の日本支部は,「BABOK(Business Analysis Body of Knowledge) Version2.0」を日本語訳した「ビジネスアナリシス知識体系ガイド(BABOKガイド)Version 2.0」を,12月7日に発売した。

 BABOKは,経営課題とITを橋渡しする要求分析のための知識体系。最近では,BABOKを開発プロジェクトに取り入れる企業も増えている。IIBAが2006年7月にバージョン1.6を,2009年4月にバージョン2.0をリリースしているが,これまでは英語版しかなかった。このため日本支部では,BABOKの日本語化作業を独自に進めていた。

 ビジネスアナリシス知識体系ガイド(BABOKガイド)Version 2.0は,IIBA日本支部のWebサイトで,申し込める。価格はIIBA日本支部会員が5400円,非会員が6000円。