PR

 富士通は2009年12月7日、欧州、米国、アジアなど海外の関連会社を含めたグループ全体のIT製品やサービスにおける、二酸化炭素(CO2)排出量削減の目標を発表した。2012年度末までの4年間で累計1500万トンの削減を目指す。

 この目標は、富士通が提供するIT機器やサービスを使って、顧客のCO2排出量をどの程度削減するかを示したもの。海外拠点における削減分は約200万トン、国内では残り1300万トンを目標値に設定した。

 削減効果は、製品やサービスごとにCO2削減効果を算出し、それを導入規模で掛けることで求める。サーバーやストレージなどのIT機器製品の場合は、旧世代にあたる2008年ごろの機種と比較して削減効果の値を設定する。

 富士通はITに関する環境負荷低減の取り組みを「Green Policy Innovation」と名付けている。今回発表した海外拠点を含めた目標のほかに、国内の目標も設定済みである。2007年度から2010年度の累計で 700万トンのCO2排出量削減を700万トン以上削減する。