PR
写真●DARPAが全米10カ所に設置した赤い風船
写真●DARPAが全米10カ所に設置した赤い風船
[画像のクリックで拡大表示]

 米国防総省高等研究計画局(DARPA)は米国時間2009年12月5日,同局が実施した風船追跡コンテスト「DARPA Network Challenge」で,米マサチューセッツ工科大学(MIT)のチームが賞金を獲得したと発表した。コンテスト開始から9時間足らずで優勝者が決まった。

 同コンテストは,DARPAが米国内10カ所に設置した赤い大型風船(写真)を,インターネット技術を使って探すというもの。10個すべての位置を最初に突き止めた人に賞金4万ドルが贈られる。ソーシャル・ネットワーキング・ツールなどによって,人々が協力して難しい問題をどのように解決するか,その可能性を探る目的で開催された。

 MITチームは,専用サイトを立ち上げ,情報収集の協力を呼びかけた。正確な情報の提供者には2000ドル,その情報提供者を紹介した人に1000ドル,さらにその人を紹介した人にも500ドルを支払うという報酬分配方式を提示して協力者を募った。

 DARPAはMITチームと面談し,情報収集ネットワークの構築に用いた手法や戦略について調査する予定である。

[発表資料(PDF文書)]