PR

 米Yahoo!は米国時間2009年12月7日,ユーザー向け広告管理ツール「Ad Interest Manager」のベータ版を発表した。ユーザーは,自身のオンライン行動に応じて表示される広告について手軽にチェックすることができる。

 ユーザーはAd Interest Managerにより,Yahoo!がユーザーの関心事をどのように分類して同社の広告ネットワーク「Yahoo! Ad Network」から広告を配信しているのか確認できる。ユーザーはYahoo!が自身に対して判断した関心事カテゴリを変更できるほか,関心事ベースの広告を拒否することも可能。

 Ad Interest Managerは当初,米国でのみ提供し,近いうちに英国を含む欧州でも利用可能にする。将来的には,ユーザーがカテゴリを新たに追加できる機能も提供する予定。

[発表資料へ]