PR

 モール型ショッピングサイト「楽天市場」に出店する店舗が、個人のブログなどに動画広告を出稿できるアフィリエイト機能「商品動画リンク」が12月9日に始まった。楽天が同日明らかにした。

 店舗が商品ページに動画広告を掲載しておくと、楽天のアフィリエイト広告サービスを利用するブロガーが閲覧し、記事を投稿する際にその動画広告を張り付ける。記事から動画広告をみた読者が商品を購入した場合、店舗はブロガーに報酬を支払う。

 楽天市場は4月、各店舗の商品について一般の利用者が制作した動画広告を投稿できるサイト「楽天動画チャンネル」を立ち上げている。またブロガーがこうした動画広告を記事に掲載して読者に商品購入を促し、動画の作成者と報酬を分け合える機能も追加している。

 8月には、各店舗が商品ページに動画広告を投稿できる機能も導入した。今回のアフィリエイト機能により、外部のブログにも動画広告の掲載を促せるようになった。ブロガーにとっては、一般利用者の作成した動画広告だけでなく、店舗の投稿した動画広告を掲載でき、双方から成果報酬を受け取れる利点が生まれる。

 楽天では動画を使ったアフィリエイト機能を「楽天トラベル」などの他サービスにも展開する予定。

■関連情報
・楽天のWebサイト http://www.rakuten.co.jp/