PR

 日本ヒューレット・パッカードは2009年12月9日、大規模なスケールアウトに対応したNAS(ネットワーク・アタッチト・ストレージ)「X9000」シリーズを発売した。ストレージの仮想化に対応し、単一ファイルシステムの容量を最大16Pバイトまで拡張できる。8月に買収した米アイブリックスの技術を利用して開発した。「従来の複雑化したストレージをシンプルな『リソースプール』として使えるように変える」(ヒューレット・パッカード本社ストレージシステム担当のピート・ブレイ ワールドワイドビジネス開発マネージャー)という。

 新製品は複数のアプライアンスを一つのボリュームに見せる仮想化技術を搭載し、「シングルネームスペース機能」で単一のファイルシステムとして扱えるようにする。その一つのファイルシステムを最大16Pバイトまでアプライアンスの追加で拡張できる。ファイルシステムのプロトコルとしてはCIFSとNFSに対応する。ブレイ氏は「最初からスケールアウトを前提に設計した点が他社にない特徴だ」と胸を張る。

 多機能の管理ツールも同梱する。具体的にはデータの階層化管理機能や、リモート・レプリケーション機能、自動リバランシング機能など。「単体ソフトとして購入すると高額になる機能も多く、全体的に見ると従来よりもかなり安上がりになる」(高橋宏人ストレージワークス事業本部ビジネス開発マネージャー)とアピールする。

 価格はコントローラ単体の「X9300」が588万円。この製品にはファイバチャネルやiSCSIなどでディスクアレイを接続する必要がある。アプライアンス型は高密度実装が特徴の「X9720」が最小構成で1614万円。最小構成時の容量は82TBとなる。1台で最大656TBまで拡張できる。

 X9300とディスク装置をセットにしたアプライアンス「X9320」は、性能重視の「Performance Model」と容量重視の「Capacity Model」の2種類を用意する。前者は21.6TBのSASドライブ搭載で2078万円、後者は48TBのSATAドライブ搭載で1798万円である。