PR

 デジタルサイネージの運営を手がけるストリートメディアは,ベンチャー・キャピタルの安田企業投資に対して第三者割り当て増資を実施した。増資額は4995万円であり,増資後の資本金は2億3985万円である。

 ストリートメディアは調達した資金の用途として,デジタルサイネージ端末の設置エリアの拡大および新たなサービス開発を挙げている。同社は東京・神田地区の商店街や,2009年10月からニッセンが首都圏の書店50店舗に設置したデジタルサイネージ・システム「ほんやチャンネル」などの導入実績を持つ。

[ホームページへ]