PR

 独立行政法人 産業技術総合研究所(産総研)は2009年12月14日,「KNOPPIX 6.2DVD 日本語版」をリリースした。LCAT(Live CD Acceleration Tool kit)の成果を適用することで,英語版に比べ起動時間を3倍高速化したという。

 KNOPPIX DVDはDVDから起動するLinuxディストリビューション。6.2ではカーネルを2.6.31.6にするなどソフトウエアをバージョンアップしたほか,起動可能なUSBストレージを作成する「flash-knoppix」などの機能を備えた。

 日本語版はLCATを適用することにより起動を高速化した。LCATはアルファシステムズがIPAのオープンソースソフトウェア活用基盤整備事業で開発した,CD/DVD起動Linuxの改善機能。ThinkPAD T400でのKNOPPIX 6.2DVD 英語版の起動時間が約140秒であるのに対し,日本語版は50秒で起動したという。またLBCAS(LoopBack Content Addressable Storage)を使い,仮想マシンのKVMおよびKQEMU上でDebian GNU LinuxとUbuntuをネットワーク起動できるようにした。

 KNOPPIX 6.2DVD 日本語版は産総研のKNOPPIX日本語版のホームページなどから入手できる。