PR

 ケーブルテレビ(CATV)統括運営会社のジャパンケーブルネット(JCN)は2009年12月15日,スカパーJSATが保有するケーブルテレビ足立の株式を譲り受けることに合意し,株式譲渡契約を同日に締結したと発表した。

 これによりJCNは,2010年2月26日にケーブルテレビ足立に対する経営権を取得する。JCNのケーブルテレビ足立への出資率は77.41%となる予定で,同社はJCNグループの一員となる。今回の株式の譲り受けにより,JCNのグループ会社は2010年2月26日現在で18社となる。

 JCNは,「今後もスケールメリットを活かしたケーブルテレビ局の運営を行うとともに,オリジナリティーを重視した地域情報サービスの拡充を図っていく」としている。一方,スカパーJSATの持ち株会社であるスカパーJSATホールディングス(スカパーJSAT HD)は今回の株式譲渡について,「ハイビジョン事業が本格拡大する中で,当社事業の集中と選択による効率化の観点から,JCNに当社グループが保有するケーブルテレビ足立の全株式を譲渡することにした」とコメントしている。

[JCNの報道資料へ]

[スカパーJSAT HDの報道資料へ]