PR
[画像のクリックで拡大表示]

 米Seagate Technologyは米国時間2009年12月14日,厚さ7mmの2.5インチ・ハードディスク・ドライブ「Momentus Thin」を発表した。160Gバイトと250Gバイトの2モデルを用意する。

 Seagateによれば,現在市場で売られているノート・パソコンの90%が厚さ9.5mmの2.5インチHDDを採用している。Momentus Thinはそれより25%薄く,1.8インチHDDやSSD(Solid State Drive)と比べて1Gバイトあたりのコストが大幅に安いとしている。

 Momentus ThinはSATA 3Gb/sインタフェースを採用。回転速度は5400rpmで,8Mバイトのキャッシュを装備する。2010年1月にOEM向け出荷を開始する予定。

 「Momentus Thinにより,パソコン・メーカーは薄型化のニーズに対応し,高性能のネットブックや,消費者向けから企業向けまで様々な製品の開発を進めることができる」と同社は述べている。

[発表資料へ]