PR

 KDDIは2009年12月16日,低層集合住宅の居住者を対象に,上り/下りともに最大1GbpsのFTTH(ファイバー・ツー・ザ・ホーム)サービス「auひかり マンションミニ ギガ」を提供すると発表した。2010年1月6日に関東地域で提供を開始する。

 提供地域は東京都,神奈川県,埼玉県,千葉県の一部で,都営,県営,公社,UR都市機構の住宅を除く3階建て以下の低層集合住宅が対象となる。具体的にどの物件で提供可能かは,2010年1月6日以降に「auひかり」のWebサイトで公開する。

 利用料金は,初期費用が1万5750円で,一括払いか分割払い(12回,分割手数料なし)のどちらかを選ぶ。登録料として840円が別途必要になる。プロバイダーとしてau one netを選んだ場合,月額利用料金はインターネット・サービスが5250円,電話サービスが525円,テレビ・サービスが315円からである。

 KDDIはこれまで,一戸建ての居住者向けとして最大通信速度が1Gbpsの光ファイバーサービスを提供していた。マンション向けの同様のサービスは,今回が初めてとなる。

[発表資料へ]
[発表資料(別紙)へ]