PR

UQコミュニケーションズは2009年12月18日,総務省関東総合通信局にWiMAX/WiMAX小電力レピータの包括免許の申請を行った。今回のレピータは,屋外/屋内ともWiMAXの電波を用いるものである。2009年9月に発表したWiMAX/無線LANのレピータと同様に,京セラと共同で開発した。

 このレピータの導入は,免許取得後の2009年度内を予定する。UQコミュニケーションズは,2009年度末の屋外基地局開局数を当初予定の4000局から6000局に拡大して,全国各地でエリア整備を加速しているという。今後は,これらのレピータを活用することによって,ホテルのロビーや地下街などの屋内施設,住宅,オフィス,鉄道車両内などの屋内エリアの整備も進めていくとしている。

[発表資料へ]