PR

 GMOデジタルコンテンツ流通は2009年12月21日,同社が運営するDRM(デジタル著作権保護)対応のデジタル・コンテンツ販売ASPサービス「デジタルコンテンツ王」で,コンテンツ事業者向けにライブ動画の有料配信サービスを2009年12月21日に開始すると発表した。

 新しく開始するライブ配信サービスは,GMOデジタルコンテンツ流通が持つDRM/課金システムに,ソフトバンクグループのTVバンクが持つP2P(Peer to Peer)技術を用いた動画配信技術「BBブロードキャスト」を組み合わせて実現した。BBブロードキャストは過去に,768kbpsの動画配信で7万9227人の同時接続数で運用した実績があるという。

 コンテンツ事業者に対する基本サービスの利用料金は,1日当たり146万7900円である。長期間配信や複数イベントのパッケージ販売については個別対応となる。基本サービスには,課金や決済などの販売機能提供,DRMによる暗号化,販売実績や視聴ログなどのレポート提供,視聴プレーヤー用SDKの提供,事前視聴確認用動画配信,ライブ配信,ライブエンコード,ライブ配信前後のフィラー運用を含んでいる。

[GMOデジタルコンテンツ流通の発表資料へ]
[TVバンクの発表資料へ]